This project is read-only.

何つくるべきよ?

Mar 12, 2011 at 12:51 PM

とりあえず自分意識

  • この先ボランティアのコーディネーションをする必要があるはず

 

何をすればどうできる

or else

こっちのほうが重要だろ

 

その他忌憚なく意見を求むって感じで first discussion あげてみます。

Mar 12, 2011 at 1:39 PM

ボランティア関連は経験者の意見が必要かも。

http://www.bousai.go.jp/vol/

ここみるかぎり活動は自己完結型で各組織の支持に従うのがベストらしい。

あと2chでみた「被災地域の食料や水は被災者のもの」という文言に納得した。

本当にボランティアが必要なのはライフラインが復旧した後、仮設住宅とかできたあたりなのかも。

Mar 12, 2011 at 1:44 PM

なるほど、あんまりポット出でてを出す領域ではないかもしれませんね。

>あと2chでみた「被災地域の食料や水は被災者のもの」という文言に納得した。

これは正に正しい事だと思います。ボランティアに行きたい人に、足、飯、その他揃ってますか?それをボランティア同士で提供しあえるようになってますかというのをチェックしてボランティアチームとして組み立てるのを支援するのはアリかもしれません。

Mar 12, 2011 at 1:46 PM

別の場でも議論中ですが、アイディアのみ提示します。

・情報を発信する場の提供
 日本の一般的な携帯電話から読み書きできる掲示板+ユーザー間の簡易メッセージ (Twitterよりも文字数制限を緩和する)
 サインアップは簡単なもので。フルブラウザーやスマートフォンでない環境でやりとりできること

 割り切って匿名掲示板でもいい。すぐに使えること

 ベースとなるパッケージを作って、簡単な手順書をまとめて個別に管理するのがいいのか、
 一つのサービスの中で、スレッドを増やしていくのがいいのか。
 リファレンスインプリメンテーションとしてのパッケージと、それをデプロイしたサービスは改良しながら運用し、プロジェクトの最新バージョンを反映する。

 

Mar 12, 2011 at 1:50 PM

正直、自分に何ができるかわかりません...。

とはいえ思ったことをあげてみます。

この "プロジェクト" でなにができるだろう? なかなか思いつきがありません。

ただ、このプロジェクトの名前、jp110311 を見てたら、ふと思ったことがありました。

この、3月11日を忘れてはいけないよ、という名前。

それを見てたら、思ってたら、今すぐなにか即物的な救済に役立つサイトは思い浮かばないけど、もっと後になったら、もう少し落ち着いて日本が日常を少しずつ取り戻しはじめたら、そのときにあの日を振り返られるような、そんなモニュメント的なサイトとかどうなんだろう? とか。

それもドキュメンタリーとしての記録では無く、Pray for japan のような、なにか人の心を癒やせるような、メンタルな面でのサポートが欲しいなぁ、とか。

自分は、個人的に、こういう形(下記)で震災に触れたので。

http://twitter.com/#!/jsakamoto/status/46559874800291840

なにか子供たちにできないかな... とかは思いました。

とりあえず自分の思いはここまで。

 

> この先ボランティアのコーディネーションをする必要があるはず

うーんと、ボランティアしたい人と、ボランティアにお手伝いしてもらいたい人をつなぐ、そんなサイト?

Mar 12, 2011 at 2:00 PM

oniak3 の意見はすぐにでも実行に取り掛かれるという面で重要だと思います。まず最初に簡易な掲示板+ユーザー間のメッセージングを作るという方向でどうでしょうか?

jsakamoto さんのは pray for japan の twitter ハッシュタグを保存していく感じですかね。これも可能と言えば可能なんですぐにできる物の次にという形でどうでしょうか。

 

Mar 12, 2011 at 2:05 PM

まずは実行可能なところから着手いただけると幸いです。シンプルでいいので。

Mar 12, 2011 at 2:09 PM

自分はとりたてて異論はないです。

kazuk さんのボランティア云々の話も気になるのですが、どうもそちらももう少し日が経ってからでないと...という感じみたいですし。

Mar 12, 2011 at 2:12 PM

ここってメンバー以外も見れるのかな?

ロールがついてないと見れない?

Mar 12, 2011 at 2:17 PM

思いついた点です。(CodePlexのIDあれば投稿できる?)

救援物資などの
ほしいもの・数量リスト
現状のストックリスト

を共有できるのがあればいいかなと思いました。
どこに、何が必要でどれだけ足りてないのか/足りてるのかがわかればいいかなと。

Mar 12, 2011 at 2:27 PM

外の人も見えてるみたいだけど、まあいいかな。

実は類似のサービス今つくろうと考えていて (まだ作ってないからアイデアだけ)

  • 歩ける範囲(1kmくらい?)で入力された投稿を表示する (できればGio情報の距離で判定)
  • 同一時間帯の情報でフィルタ (昨日の同じ時間帯の投稿とか、朝なら朝ごはん情報)
  • 常時表示できる看板のようなものが表示されることもある
  • 表示は地図上とリスト形式の2種類
  • 個人を特定できないようにアカウントに複数の匿名アカウントを紐付け (出会い系、ストーカー防止)

Twitterって情報多いからそぎ落とすの手間かと思って、逆に場所と時間で範囲絞った掲示板っぽいのどうかなと思って考えました。

Ailightさんの郵便番号7桁も地域制限するにはいいかも。

もともとの発想は繁華街とかの待ち合わせ中暇つぶしとか、お店の宣伝でどうかなと思ったけど使えるかな?

Mar 12, 2011 at 3:19 PM

first ディスカッションをとりあえずマトメて作りこみに取り掛かる事にしましょう。

一番最初のベースプランとしては、エリア別の掲示板機能を実装する、掲示板のユーザー間でのメッセージ交換をサポートする。

エリアは都道府県や市区町村では大きすぎるはずなんで、ベースは郵便番号ぐらいで実装、それより大きな単位はその組み合わせでできれば良いし。

これができてから Gio 情報とかを組み込んでいくとかの発展は動かしながら拡張でもいいかって事で。

ユーザー登録機能

・郵便番号

・姓

・名

・誕生日(月+日)

以上を必須項目としようと思います、姓、名必須なのはイタズラ防止でもあり、その後のユーザー間メッセージの為の検索で使えないと安否系で意味がないから必須を仕様とします。

ユーザーにはプロファイルページを割り当て、プロファイルページには任意の文字列を登録、編集できるようにします。

掲示板へは基本として登録しているエリアに書けるようにします。

ユーザーは知人リストを持てるようにし知人リストからの選択でメッセージを送信できるようにします。

受信及び返信はユーザーページからとし、自分のプロファイルの更新機能と、知人リストの編集、自分充てのメッセージを閲覧管理する事ができるようにします。

 

 

Mar 12, 2011 at 11:34 PM

最初の投稿にある,ボランティアのコーディネーションについて思うことがあったので。

どこでどういったボランティアがどの程度の規模で行われている,あるいは行われる予定があるかという情報は,ボランティアの恩恵を受ける側のみではなく,ボランティアをやりたいと思っている人,ボランティアをアピールしたい人等々にとって便利なのではないかと思います。例えばボランティアをやりたいと思っている人にとっては,自分がどういうアクティビティに貢献できるかというのは自分が一番知っているだろうから,協力のきっかけを作れるのではないかと思います。

具体的なイメージとしては,人員を集めたい人は募集のスレッドを作成して,ボランティアを受けたい人や参加したい人は地域やキーワードなんかを手掛かりに探す,という感じで。

Mar 12, 2011 at 11:53 PM

ディスカッション参加 thx です。

とりあえずの小規模な地域内での情報交換ボードとしての機能作って(作りながら)検討していければと思いますので、現状としては色々意見を集めてどういう物を作るのかに昇華できればで今後の議論次第で実装にもっていけるといいですね。

Mar 13, 2011 at 12:59 AM

現地のネットワーク普及率(復旧率)って、どんなものなのですかね?被災者がネットワークにアクセスできて、被災者が被災者の必要とする情報を得られる状況でしょうか?

ニュースのレベルですが、携帯電話は利用できるが充電に1人15分制限があったり、それも全員が受けられるわけではなくて、発電施設の都合で数十人で中断されるような状況との報道もあります。そのような状況で被災者が電力消費の大きな GPS を稼働させるのは辛いのではないかな?と思わなくもないです。

また、様々なサービスに登録してまわるというのも、やはり辛いことなのではないでしょうか? そして、プッシュ型配信がキャリアによって止められているため、それらの登録サイトの更新状況を確認してまわるのも現実的ではないでしょう。そういった雰囲気から、ボランティアをやりたい人を支援するような仕組みのほうが作りやすいのかな?とは思いました。被災者個人レベルの安否や状況の確認は、既存のサービスにまかせたり、そちらと連携するにとどめたほうがよくないですか?

どうしても被災者側から登録作業をやらせるなら、集団単位での登録とかにしたほうがよくはないでしょうか?

  • 避難場所と人数
  • 避難状況
  • 名簿(オプション)

ぐらいの入力で十分ではないか?あとは、集団の aggregate/split をシステム的にやればボランティア側からみたい被災者側の状況は見えるようになるかな?と期待します。

Mar 13, 2011 at 2:22 AM

現状で作ろうとしてる物は、近場の困った事を(ex:仮設トイレの場所を)近場同士が情報交換できる物を最初の一段階目と考えています。

避難場所と人数の把握とかは行政に任せていいと思います。

Mar 13, 2011 at 3:51 AM

母集団の把握をするのではなくて、情報の共有面で集団単位でいいのではないか?と、「○○小学校に避難している人が利用できる入浴設備はどこかな?」というかんじで問い合わせのソースを集団として発信すると、GPS とか無しでもある程度の場所の特定もできて、情報の共有範囲も見えて使い勝手があがらないかなー?と思った次第。

Mar 13, 2011 at 5:12 AM

アイディアだけで恐縮ですが、出会い系サイトのような(表現が不謹慎で失礼)行方不明者の捜索サイトを作れないでしょうか?

行方不明者の検索に名前はあまり意味をなさないように思います。
本人がITを使えなくても、第三者が名前以外にも身体的特徴や持ち物、現在の場所を入力し登録できる。
捜索者はそのような特徴により検索が可能で、結果は似た条件の人を一覧表示できる
といった感じのものがあると、何かの助けになるかも知れません。

示すのは「答え」ではなくて「可能性」でいいと思います。

Mar 14, 2011 at 1:29 PM
KTakaoka wrote:

どうしても被災者側から登録作業をやらせるなら、集団単位での登録とかにしたほうがよくはないでしょうか?

  • 避難場所と人数
  • 避難状況
  • 名簿(オプション)

避難所ごとの名簿共有、Google がはじめましたね。

http://googlejapan.blogspot.com/2011/03/blog-post_14.html

私は本業片手間にこちらに参戦でありますが、Google さんはさすがに持ってるリソースが違いますね。

自分なりに自分でできることをやっていきたいと思いますが、こういったよそのサービスとの連携も考えられるといいかもしれませんよね。

Mar 14, 2011 at 1:35 PM
iwiz_sophy wrote:

行方不明者の検索に名前はあまり意味をなさないように思います。
本人がITを使えなくても、第三者が名前以外にも身体的特徴や持ち物、現在の場所を入力し登録できる。

捜索者はそのような特徴により検索が可能で、結果は似た条件の人を一覧表示できる
といった感じのものがあると、何かの助けになるかも知れません。

示すのは「答え」ではなくて「可能性」でいいと思います。

率直に、なるほど、こういう考え方もあるな、と感心させられました。

このアイディアが、このプロジェクトでも、もしくはよそのプロジェクト、サービスでも活かせるといいのですが。

Google のパーソンファインダーでも、いちおう、身体的特徴などを入れられるようにはなってますね。
検索はあくまで氏名のようですが。 

http://japan.person-finder.appspot.com/query?role=seek